ホーム > 脱毛 > 医療脱毛の脱毛時のリスクとは?

医療脱毛の脱毛時のリスクとは?

2PS(ツーピーエス)はエステティックサロン並の高出力の脱毛が家庭でできるというIPL方式の脱毛器で、お店に行かなくてもアンダーヘア脱毛ができます。美肌ケア用のカートリッジ(別売)を使えば美肌効果が得られる点も魅力です。もっと安価なカートリッジの製品もありますが、ツーピーエスのカートリッジは132000回照射でき、10回照射しても0.5円。それもレベル4で換算しているため、弱い出力ならもっと照射可能です。

 

比較的リーズナブルに全身脱毛できるでしょう。あまりにお得なカートリッジのため、他機種で使用したいと考える人もいるのか通販サイトでは「他の脱毛器では使えません」と書かれていることもあります。

 

8段階のパワー調節が可能なので、脱毛しにくい毛質の方や、刺激に弱い方でも無理なく脱毛できるといった点もこの製品の特徴です。医療脱毛は安全だとされていますが、そうだからといって100パーセント安全という訳ではありません。

 

病院での脱毛にも、火傷、ニキビや毛濃炎などの危険が伴います。

 

医療脱毛以外でも、こういったリスクはエステ脱毛でも発生する可能性があるものです。

 

脱毛の際は、少しでも口コミがいいところで施術をしてもらってください。家庭用脱毛器「LAVIE(ラヴィ)」はIPL光を利用した光脱毛器で、7段階とこまかくレベル調整が可能なのが特徴です。別売の美顔カートリッジ(実売価格3500円くらい)を使用すると美顔器としても使用できます。脱毛器としては充分リーズナブルな価格でありながら脱毛と美顔の両方で効果が実感できたという意見もあり、比較サイトでの総合評価も高いので、購入対象として考える価値はあるでしょう。また、ラヴィは脱毛できる部位が多く、脱毛サロンに行かなくてもアンダーヘアの脱毛が家庭ででき、とくに毛深い方、剛毛だった方はユーザーレビューで、「いままでの機種と違う」、「使える」といった高い評価をしています。

 

http://healthworldwide.biz/