ホーム > 妊活サプリ > 葉酸単体では体内での吸収率があまり良くない!

葉酸単体では体内での吸収率があまり良くない!

なかなか妊娠できないという人は、基礎体温計測から始めてみましょう。

 

簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見れば女性のホルモンバランスの変化が推測できて、妊娠につながる対策を講じることもできるのです。

 

さて、基礎体温表を作るにあたっては、変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといった注意事項もありますから、習慣的に続けていくことが大切です。

 

もし旅行などで飛ばしても、できる日から再開しましょう。

 

妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊娠前から妊娠3か月だと言われています。この期間は葉酸の十分な摂取が必須であると厚生省が推奨していますが、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が必要ないのでしょうか。

 

実際にはそんなことはありません。胎児が先天的な障害を発症する可能性を減少させるという有効性に限った話では、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が大切な期間という訳です。なので妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している訳であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。葉酸と言えば、妊娠に必要不可欠と言われる栄養素ですが、必ずしも、葉酸だけを摂れば胎児が健康的に育つのかというと、そうではないですね。

 

葉酸単体では体内での吸収率があまり良くありませんから、サプリによる葉酸摂取を考えている方は、ミネラル、ビタミンなどの、葉酸の吸収を助ける栄養素が25種類ほど配合したサプリを選べば、適切に栄養素を補給することが出来るでしょう。このようなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思いますが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体がつくられますから、妊娠を希望している方は、摂取をオススメします。

 

マイシードは楽天と公式サイトのどちらがお得?